家読(うちどく)とは?

|家読(うちどく)とは?

「家読(うちどく)」とは、家族で読書の習慣を共有することです。
基本は、家族みんなで好きな本を読んで、読んだ本について話すことです。
「家読(うちどく)」に決まりはありません。どんなやり方でもOK。
難しいルールはいりません。
同じ本をみんなで読めば、家族の会話もいっそうはずみます。
でも、「どんなやり方がいいのかな?」と迷ったら、このホームページの例を参考にしていただければ幸いです。 さあ、みんなで始めてみましょう!

合わせて、家読の手引きとして『うちどくリーフレット』をご活用ください。
以下のリンクよりダウンロードすることができます。
『うちどくリーフレット』(PDFファイル、約2MB)
※A3サイズで両面印刷後、二つ折りしてA4サイズでお使いください。



 <お知らせ>
 平成29年4月1日から伊万里市民図書館内に「うちどく推進室」が設置されました。
 詳細は市民図書館のお知らせページを参照してください。